M男への尿道責めのやり方・方法 ※オス豚を飼いならせ

M男への尿道責めのやり方・方法 ※オス豚を飼いならせ

【尿道責めをされれば奴隷も一人前】
 奴隷は女王様から尿道責めを受けるようになると、本格的な奴隷になったと言えます。最初はローションを使っても痛くて悲鳴を上げていた奴隷でも、次第にむずむずして、おしっこの出そうな快感が忘れられなくなります。ブジーが前立腺まで届けば、さらなる快感が待っています。ブジーはスティックと同様、ステンレス製の細い棒で初心者でも使える20センチ程度のものから、上級者向けの30センチ近いものまであります。ケース入りのセットになった物は8本入りが普通で、太さが3ミリのものから18ミリ位のものまで入っています。更に金属に溝が彫ってあるもの、先の曲がったもの、リングの着いたものなどがありますから、色々試してみると良いでしょう。

 

【長いもの太ものへブジーも変化する】
 尿道責めはなるべく馴れた女王様にして貰うのが良いですが、ブジーの経験のあるマゾならば、痛くないので直ぐに根元まで入ってしまいます。大体15センチ程度で膀胱の入り口まで達します。細いものから段々に太いものへ移行していけば、尿道を拡げることが出来ます。長いものなら尿道を突き抜け、膀胱まで達するものもあります。カテーテルを尿道から膀胱まで入れれば、膀胱からそのまま尿が出てきます。この際も25センチ位が挿入の限界です。

 

【尿道プレーはくれぐれも清潔に】
尿道プレーは最初は痛いので、敬遠される人も多いのですが、馴れてくると気持ちがよく、病みつきになるマゾも多いようです。また、最近流行の低周波電流が流れるブジーもあり、ピリピリした刺激を楽しむ上級者もいるようです。尿道プレーは内部まで器具を挿入するため、黴菌が入らないよう常に清潔に行わなければなりません。手をきれいに洗うのは勿論、ジブーもアルコールで消毒してから使いましょう。もし黴菌が入れば膀胱炎になる恐れもありますから気をつてください。

 

【尿道責めが出来れば完全征服】
 尿道責めは女性にとって男性を完全に奴隷化出来ます。男性とって尿道責めはとても恐怖感のあるプレーです。ただ、馴れてくれば男性にとって、これほどの快感はないので、女性が尿道責めの技術を覚えてしまえば、マゾの身体は完全に手中に収める事が出来ます。これで、完全なる女王様に君臨出来ると言ってもいいでしょう。尿道責めを自分で行うマゾは数少ないので、女性にとっては素晴らしいアイテムなのです。

 

【尿道の快感を覚えれば抜け出せない】
病みつきになったマゾ奴隷は、必ず尿道責めなどの医療プレーをおねだりするようになります。尿道にジブーを入れる痛さがなくなれば、抜き差しが可能になりますから、内側からのオナニーも可能です。内側と外側から同時にしごいてやれば、ジブーを抜いた瞬間に射精したり、前立腺が刺激されて、勢いよく潮を吹くマゾもいます。こんな快感を体験すれば、もう尿道プレーなしのSMは考えられなくなりますから、やり続ける事で次第に亀頭部分が変形し、常に尿道口が開いた状態になります。それでも尿道の快感は何物にも代えがたいので、尿道プレーに溺れていくのです。

M男への尿道責めのやり方・方法 ※オス豚を飼いならせ関連ページ

SM調教@ 首輪、手械、足枷、猿轡で感情を刺激しろ!
SM調教その@では、首輪、手械、足枷、猿轡などで拘束し、辱めて感情を刺激してM的な快感を生み出させます。そのやり方・方法を紹介。
SM調教A ※アナル調教で陵辱し心を支配しろ!
アナル調教のやり方・方法を紹介しています。アナルで陵辱し、辱めて心を支配して性奴隷にしていきます。
M男へのペニス責めのやり方・方法 ※オス奴隷の飼育
SMパートナーとの出会い方や、募集するサイト、出会いのコツなどを紹介しています。SMが好きだけど、パートナーがいない。パートナーを探しているという方に必見です。