SM調教@ 首輪、手械、足枷、猿轡で感情を刺激しろ!

首輪、手械、足枷、猿轡で感情を刺激しろ!SM調教@

 

【調教前の期待と不安】
マゾ男性にとって調教の始まる前は、今日はどんな責めをされるのだろうか? どんな責め具を使われるのだろうか? 期待と不安のよぎる一瞬です。全裸で、しかも拘束されている状態なら、どのような器具を使われようが身動きが出来ないのですから、マゾはまさにまな板の上の鯉、しかし、この状態で異常に興奮するのがマゾなのです。

 

 

【スイッチを入れるのは首輪が最高】
たとえ親しいパートナーであっても調教の最初は緊張するものです。女王様は、ボンテージ衣装やロングブーツに着替えるとSのスイッチが入ります。性格の変わる方もいます。マゾも全裸になりご挨拶をすれば、既にそれまでの自分ではありません。首輪などを着けられれば、直ぐに奴隷モードになってしまいます。本格的な奴隷として飼おうと思っているのなら、専用の首輪を与えるのが良いでしょう。プレートを首輪に着けて、名前を彫ってやれば、所有物である証になりますから、奴隷も身も心も女王様に捧げ、お仕えする事を誓うずです。

 

 

【縛られた奴隷は快感の筈】
 拘束好きの女性ならば、先ず縄が出てくるのが普通です。たとえ本格的な緊縛の出来ない女性でも後ろ手に縛ったり、手足を縛れば身動きの出来なくなりますから、マゾの自由を奪えるので、自然と気持ちが高ぶります。逆らえないマゾが目の前にいて、奴隷モードになっているのですから、これ程楽しい事はありません。縄は麻が本格的ですが、手入れが大変です。先ず熱湯に漬けて軟らかくしてから乾かし、余分なケバケバをお取り除いてから油や蝋などを塗ってから使うのですが、最近は大変なので、処理をした物が販売されています。この作業が大変な方は、赤や黒の綿のロープを使いうと良いでしょう。吊り床には向きませんが、拘束だけならそれで充分です。

 

 

【手枷・足枷も効果的】
 拘束具は縄だけではありません。手足が自由にならないようにするには、手枷・足枷を使うと良いでしょう。どちらにもフックが付いていますから、歩けないようにするならば足を繋げてしまえばいいし、後ろ手に繋げば手も使えません。大股開きの状態にしたいならば、足と手を繋げてしまえば恥ずかしい丸出しの恰好に出来ます。

SM調教@ 首輪、手械、足枷、猿轡で感情を刺激しろ!関連ページ

SM調教A ※アナル調教で陵辱し心を支配しろ!
アナル調教のやり方・方法を紹介しています。アナルで陵辱し、辱めて心を支配して性奴隷にしていきます。
M男へのペニス責めのやり方・方法 ※オス奴隷の飼育
SMパートナーとの出会い方や、募集するサイト、出会いのコツなどを紹介しています。SMが好きだけど、パートナーがいない。パートナーを探しているという方に必見です。
M男への尿道責めのやり方・方法 ※オス豚を飼いならせ
SMパートナーとの出会い方や、募集するサイト、出会いのコツなどを紹介しています。SMが好きだけど、パートナーがいない。パートナーを探しているという方に必見です。